【レンジ飯】隠し味一つと煮込むだけ!わた家流カレーの作り方

f:id:watablog:20190417131940j:image

どうも、わたです。

ふとカレールーを見た時に、我が家で作り方違うレシピが書かれていたので、よそのカレーの作り方知りたいなと思い、まずは我が家のレシピを書き起こしてみました。

 

用意するもの

包丁

まな板

蓋つきの耐熱容器

レンジ

 

材料4皿分くらい

じゃがいも大 二つ

にんじん 1/2

玉ねぎ 一つ

鶏もも肉 100g

水 具材が浸るくらい

 

カレーなんだから好きな量を入れればいいとおもうのでかなり目分量です。

じゃがいもは煮込むと小さくなるので少し多めでもいいかなと思う。旬の食材とか入れると栄養面でも良し。我が家は安い鶏もも肉だけど、豚でも牛でも美味しいよね。


味付け用

カレールー  適量

コンソメキューブ 一つ

 

市販のカレールーの目安に合わせて入れてください。私はバーモントカレーのルーを半分入れました。

 

作り方

  1. 朝か前日のうちにじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、器に入れて水に半日から一日浸します。夏場の暑い日は冷蔵庫に入れておきましょう。手間なら一時間くらいでも。
  2. コンソメキューブを一つ入れて、500wのレンジで10分加熱します。具材がまだ固ければ2、3分ずつ加熱。吹き零れに注意。
  3. カレールーを入れて掻き混ぜ、3分ほど加熱。とろみがついたら完成です。

 

というわけで、我が家では隠し味にコンソメを入れています。

これ抜きで作ると、私はどこか物足りなく感じてしまうんですよね。よそのカレーはまた別口で美味しく感じるのですが、自分で作ったのはこのレシピが好みです。

レンジで作ったカレーはそのまま熱を冷ましたら器のまま冷蔵庫で保管できるのが便利ですよー。週末の作り置きにいかがでしょう。

 

それでは!

 

スポンサーリンク