わたぶろぐ

東京都在住。犬と一緒にのんびり暮らしています。 ブログでごはん食べていけたらいいなと願望持ったバリバリ初心者ブロガー。 チョコと犬とお絵かきが好きです。 お役立ち情報をのんびり更新。節約、犬のしつけ、犬の手作りレシピ等々。創作小説も載せます。

中型犬と暮らす賃貸物件を探した話

どうも、わたです。
今回は愛犬と過ごす自分の城探しをした話をします。
中型犬以上の大きなペットと暮らせる物件探してるって人の参考に、もしくは笑い話として楽しんでいただければ嬉しいです。

 

 

 

物件全然無いよ!

 

まず物件探しで条件を選びましょう!


例えば職場に近い立地、駅が近い、一軒屋、マンションならば二階以上やエレベーター付き等々。
賃貸情報サイトではさらに細分化された条件が、簡単に検索出来るようになっていてとても便利ですね。
家賃が相場より多少低めでも、リノベーションされた綺麗な部屋が検索すれば簡単に発見出来ました。最近ではUR賃貸でも綺麗な部屋が多いですね。


ただし大体ペットは不可。
ペット飼育可を条件に加えただけで物件数は十分の一。
しかも小型犬のみ猫のみなど、当てはまらない物件を外していく…。

 

検索結果0件
絶 望 。

 

不動産の未公開物件?無いよ!


希望する立地の範囲を広げて家賃も少し高めになってもいいと、ひとまず物件を見繕いました。
そして近所の全国展開している不動産へ。
看板には非公開物件ありますの文字。
ひょっとしたら中型犬を飼う人は少ないから、OK物件を公開していないだけかも…!
まぁ期待は裏切られましたけども。


中型犬不可と断られる事、数件。
いざOKの物件を見に行くと部屋の狭さを際立たせる天井高さ2mの部屋。外国人バスケ選手が「ここはウサギ小屋かい?」とジョークを飛ばすレベル。

ここはいかがでしょうと紹介されたのは、まるで収監所にいる気分を味わえるワンルーム一体型トイレ部屋。確かにお風呂は個室なので条件の風呂・トイレが別に当てはまりますね。ってアホか!!!!

 

最後は自力で見つけました。
不動産までの移動と打ち合わせと数件の見学、時間もお金も無駄にしました。
スマホやパソコンで情報収集が得意な人は、複数の賃貸情報サイトから自力で探したほうがいいです。
未公開物件など、無い!

 

ここから先は実際に暮らしてみて、これは重要だった!と思ったことです。

 

 

引越しをしたら、なるべく挨拶に行こう!


最近は引越しの挨拶しないというのも珍しくないようですが、初めての犬の飼育で何が起こるかわかりません。しかも当時子犬。
想定外の事が起きて周囲に迷惑がかからないように、引越しした当日に上下と両隣の部屋の方に簡単な手土産持参で挨拶に向かいました。
実際に住み始めると床の音が鳴る部分を見つけたり、外の音に反応して吠え出したり、遊んでいる最中にすっ転んで爆音が響いたり等々、何度も血の気が引く思いをしました。
防音するためにマットを敷き、吠えないよう躾をして対策し、生活が落ち着いた今までクレームは入れられてません。

見知らぬ住人の部屋から聞こえてくる謎の音って普通に怖いです。
ご近所トラブルを避ける効果もありますから、お互いのためにもなるべく挨拶と説明はしときましょう。

 

 

風呂とトイレは別!


犬は大体月に一度シャンプーをします。私はサロンに頼らず自宅でシャンプーするつもり満々だったのでここは譲れませんでした。
実際別にして良かったです。

犬を浴槽に入れて人間は浴槽の外から犬を洗います。

手狭な浴室に便器があったら、確実にトイレ周辺は水浸しになってたでしょう。


人間がいくら気をつけても犬は濡れた体を無慈悲に振ります。

半径3メートル範囲内は確実に水が飛びます。

 

 

二階以上、エレベーター無しは覚悟して!


若く健康なうちはスイスイと階段を上ってくれますが、段差は犬の体に負担をかけます。
病気や老いたら抱えて上ることも想定されます。
犬の体重が重く階数が高いほど、辛いです。散歩に連れて行くので毎日です。毎日。
高い部屋に住む場合はエレベーターがあったほうがいいです。無ければ覚悟して毎日頑張りましょう。

 

 

散歩可能な場所は調べておこう!


犬を飼い始めて気付いたのですが、犬の散歩禁止の公園や道が結構多い!
住宅密集地でマーキングや糞の不始末、吠える声の騒音などで過去にトラブルが多すぎたのが原因でしょう。
実際私が避けている禁止場所で、ご近所さんらしき人が犬連れの井戸端会議してたりします。

すぐ横の道路を通っただけで99%吠えられます。
マナー、躾、お察しください。

そんな人ばかりではないとわかっていても、そりゃ禁止にもされますわ…。

 

ペットを飼育すると肩身が狭いと調べて知っていましたが、まさか行動範囲が狭められるとは思いませんでした。
今まで知り合った人いわく、道が狭かったり車の通りが危なかったりと場所が無く、散歩できないから往復一時間の公園まで歩いて来た、自転車で来た、車で、となかなか信じがたい事を聞かせてもらいました。
その土地によって散歩場所でとても苦労するので、地図で調べたり近所の人に聞いてみたり調べておきましょう。

 


ここまで読んでくださりありがとうございました!
それでは!