怪しい、でも美味しい。渋谷のもうやんカレーに行ってきた

どうも、わたです。

昼は表参道でおしゃれにのんびりとした高貴な時間を過ごした私は、渋谷まで足を運ぶ事にしました。

www.watablog.site

 

その道の途中、謎の立て看板を見かけました。

f:id:watablog:20190421190419j:image

 

インド人がやってるカレー屋さんでもあるのかと思いきや、友人はそのカレー屋さんの存在を知っていました。

www.moyan.jp

 

野菜や果物やスパイスや漢方など、体にいいものを全部入れて煮込んでみたら「あれ?これカレーじゃないか?」というカレーの常識を変えるような製法で作られたカレー屋さんらしい。

確かに本場のカレーは複数のスパイスで作られたものだって食戟のソーマでそんな事を教わったけれど、なんて怪しさを隠そうとしないカレー屋さんなんだ。

正確にはカレーではないがカレーらしい食べもの。これはカレーではないという感想もあると聞かされるわた氏。

なんて、なんて怪しいんだ。

 

「夕飯で食べたいものはある?」

「さっきのカレー屋さん行きたい」

 

好奇心には勝てなかった。

 

 

 

f:id:watablog:20190421190512j:image
f:id:watablog:20190421190521j:image
f:id:watablog:20190421190503j:image
f:id:watablog:20190421190540j:image

なんだこの店の外観は(興奮)

私はテレビを見ない人間なので知りませんでしたが、テレビっ子な人には有名なカレー屋さんなのかも。しかしなんかこう、癖になりそうな怪しさを感じてしまうのか。好き。

f:id:watablog:20190421190637j:image

がっつり食べたかったので、もうやんカツカレーにした。

確かこれで1200円。

味は不思議な味でした。

一般的なカレーのとろみとは違って、野菜が細かく溶けたんだろうと思うトロっとした感じで、少し酸っぱい?しょっぱい?感じがしました。

すごい漢方っぽい味がした。でも薬っぽい嫌な感じのはしない、スパイスがすごく聞いた、カレーのようなカレーだった。

美味しい。ごはんにも合う。カレーだから当然だろうけども。カツもサクサクで合う。カレーだもんな。


f:id:watablog:20190421190627j:image

なんとカレーを注文するとじゃがいも二個とコーヒーとルイボスティー飲み放題サービス付き。すごい。

じゃがいも美味しい。もちろんカレーと一緒に食べてもいい。合う。やはりこれはカレー。


f:id:watablog:20190421190617j:image

なんと、もうやんカレーは二次元化もしている。しかも超レアとして。

特別キラキラしてる感じはないからアプリでいうならSRくらいのレアカードなのだろうか。調べてみたらもう絶版されたカードというのがわかった。めっちゃレアやん。

 

私は友人と行きましたが、一人で夕飯食べてるらしい人も多くって人気なんだなーという印象。

カレーが出てくるまでそれほど時間はかかりませんでしたが、店内にはぎっしり漫画が並んでいたので待ち時間もそれほど苦にはならなそうです。

 

ここでもうやんカレーのホームページに書かれてたカレーの紹介の一部を引用します。

漢方薬膳の薬剤師のもとにスパイスを調合している体に良いカレーです。

★明日の便通が良くなります。野菜とスパイスの効果です。

これ、本当でした。

いやもうカレーの話しながらうんこ食べるなみたいな話ですが、翌日おなかがすっきりしました。びっくり。

商品紹介なんて多少過剰になるもんだろうと思っていたんですが、私には効果抜群でした。本当驚いた。

体に良いかどうかはわからないんですが、野菜とスパイスの効果はすぐ現れました。

気になる方は是非行ってみてください。レトルトも売ってます。

 

それでは!