【日記】データが壊れた話と爪が剥がれかけた話

どうも、わたです。

じごくをのぞきみしてしまいました。

 

データが壊れた話

f:id:watablog:20190617221128j:image

今日仕事中の出来事です。

毎月発生した数値を入力して集計する一年分のデータが入ったエクセルファイルがあったのですが、本日開こうとしたらデータが破損していますという注意文が表示されました。

多少であれば修正出来るだろうと開こうとするも、このファイルはエクセルで開けないよ★という無慈悲なポップアップ。

んーーーーーーー?

一度深呼吸してもう一度開いてみるが、全く同じ。手を変えてみるもまったく同じ。

幸運にもそのデータは毎月必要なものではなく、年に一度必要なくらいの重要度の低いデータだった。でも不要なファイルではなかった。そんな一年分のデータが入ったファイルがぶっとびました。

地獄って、こんなに間近に落ちてるものなんだなぁ。わたを。

まじか…まじで消えたのか…と放心していましたが、ふと思い出しました。そういえばパソコンを新しくする時に念のためバックアップを取っていた事を。

そこを開いてみると、ファイルは問題なく開きました。

入力してあるデータは数ヶ月分ない状態でしたが、残ってました。データが開く!!!!残ってる!!!!!良かったァァァァ即死は回避じゃー!!!!!!

数ヶ月分のデータを再入力する手間がかかりましたが、一年分に比べたら大したことない量でした。バックアップ取っておいて本当に良かった…。

 

爪が剥がれかけた話

f:id:watablog:20190617221442j:image

家の中で普通に歩いていたら何故か親指の爪の部分を変なふうに引っ掛けてしまいました。

こう、皮膚と爪が分離するような引っ掛け方をしました。

一瞬で激痛が走り、私は横にローリングすることで爪が剥がれそうになるのをなんとか回避できました。うん、ちょっと血が出たし涙も出たけれど、セーフ。

中学生時代、手を挟んで爪ががっつり剥がれた経験があるのですが、本当爪が剥がれるの、痛いんですよ…めっちゃ痛いんですよ…剥がれかけるのも痛いんですよ…何が言いたいかって、足の親指痛い。

 

それでは!

 

スポンサーリンク

 

ランキング参加中です

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村