【VRoid】マウスだけで簡単に3Dの人体モデルを作る②体の編集〜髪の色、瞳の変更

前回の続きです。

今回は体から髪の色、瞳の変更していきます。

 

体の編集

f:id:watablog:20190623121933p:plain

上部の「体型編集」を選択します。

f:id:watablog:20190623121944p:plain

顔編集と同じようにパラメータを調整して、頭を大きくしたり小さくしたり、手足の長さや身長、女の子であれば胸の大きさも変えられます。

わたたんは細身で小さめに。

 

髪の色の変更

f:id:watablog:20190623121955p:plain

上部の「髪型編集」を選択します。

左側に出てきたメニューの中にある「テクスチャ」を選びます。

「基本色」「かげ色」「ハイライト」をそれぞれ好みで選びましょう。色のついた部分をクリックすれば、色の選択も出来ますしカラーコードを入れれば望んだ色が選べます。

f:id:watablog:20190623182431j:image

わたたんはメロンのような黄緑を基本色にかげとハイライトを近い色を選びました。

f:id:watablog:20190623182956j:image

カラーコードを入力出来るところの横のスポイトのアイコンをクリックした後、基本色の部分をクリックすると同じ色を選べます。

そこからグラデーション上に十字を、かげ色は下の方に、ハイライトは上の方へ移動させて調整させましょう。

 

瞳の変更

f:id:watablog:20190623122008p:plain

瞳を変えるとキャラクターの印象がグンと変わるので、是非変えてみましょう。

これは上にある「顔編集」、左に表示された「テクスチャ」を選びます。

その中から「瞳」を選択すると、瞳に使われている「デフォルト画像」が表示されます。

ここで瞳の変更に画像が必要になります。

絵が描ける人は「デフォルト画像」を右クリックした後、「エクスポート」して保存した画像をペイントソフトで編集してオリジナルの瞳を作りましょう。私はメディバンペイントで自作しました。

ペンタブとか持ってないし絵はちょっと…という場合、色んな瞳の素材画像が配布されています(有料素材もあります)

配布元の注意事項を守って、好みな色やデザインの素材を使用させてもらいましょう。

www.google.com

さて、瞳の画像素材を用意できたら早速モデルに取り込みます。

まず、「デフォルト画像」を右クリックして「表示/非表示」をクリックします。横に目に斜線が入ったアイコンが表示されたらOK。

そのあとデフォルト画像の上にある「レイヤー」をクリックして、白い枠線で囲まれた状態になったら右クリック、「インポート」を選ぶとファイル選択画面が出てくるので、用意した瞳の画像素材を選びます。

これで瞳が表示されます。

わたたんはピンク色の瞳です。つやつやの透明感のある瞳が好みです。

緑頭にピンクの目ってどんな配色だよと思われるかもしれませんが、そういう配色の子供用自転車を見かけてめちゃくちゃ可愛かったんですよ。理由はそれだけです。

 

本日はここまで。

それでは!

 

スポンサーリンク

 

ランキング参加中です

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村