期間限定のリンドール「ピスタチオ」と「バターピーカン」

どうも、わたです。

リンドールに立ち寄って期間限定に惹かれて買っていく体になってしまいました。私はストロベリーが一番好きです。

 

「ピスタチオ」と「バターピーカン」

f:id:watablog:20190606113915j:image

上がバターピーカン、下がピスタチオです。

正直味の想像が出来なかったです。

ピスタチオがナッツであるのは何とか知ってましたが、バターピーカンってなんぞ?語感が凄く良くて好きだけど、とりあえずバターっぽいって事?と疑問でした。

 

www.lindt.jp

ピスタチオの商品概要

ミルクチョコレートのシェルにピスタチオペーストが練り込まれた、ピスタチオ豆本来のコクと風味が感じられるフィリング。なめらかなくちどけとともに、ピスタチオの風味がお口に広がります。

 

バターピーカンの商品概要

ピーカンナッツ片が香ばしいミルクチョレートのシェルに、バターの風味を感じるミルクチョコレートのフィリング。香ばしさのあるプラリネピーカンの小さな食感が、なめらかなフィリングのアクセントになっています。

 

うん。わからん。

私はオシャレ女子とは程遠いおばちゃんなので、ナッツの違いがよくわからん。マカダミアやカシューナッツよりうまいのか?

 

実食

f:id:watablog:20190606115503j:image

見た目は両方とも全く同じですね。

で、実際に食べようとした時なんですが、この時私常温で数時間置いたものを食べたんですよ。

何も考えず一口で食べた時、中が弾けた。感覚的にパァンって感じだった。

商品説明であるチョコレートで包まれたフィリングって部分が溶けやすいからか見た目は何ともなかったのに、多分半液体になってたみたい。

えっ!?んっ!?あっ、すごいナッツの風味が強い、美味しい、あれ、あ、消えた。

となりました。(ピスタチオ)

もちろんバターピーカンのほうも常温でした。

うおぅ!濃っ!チョコレートっていうか飲むブラウニーみたいな濃さだ。わずかにナッツの風味が…いややはりケーキ感が強い、消えた。

となりました。(バターピーカン)

 

断面

f:id:watablog:20190606123608j:image

f:id:watablog:20190606123618j:image

冷蔵保存していた分もあったので、断面も撮影出来ました。

冷たいチョコは口の中でゆっくり溶けていって美味しかったです。

でも常温で食べた衝撃のほうが強かったからかちょい溶けくらいが私は好みなのかも。ただゆっくり食べれない。

ゆっくり味わうなら冷蔵直後、一気に味わうなら常温かな。これから暑くなっていくので表面のチョコが溶けない程度に様子見しつつ、興味があったら試してみてくださいね。

 

それでは!

 

スポンサーリンク

 

ランキング参加中です

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村